アメリカ人との結婚前の同棲のワナ

同棲中のアメリカ人と体の関係にみられる男性の本性

結婚前の同棲というのは、一般的に賛否両論があるもの。

 

別々の家に暮らして恋人同士として行き来するだけの付き合いから、ほんとに生活を共にするとなるといろいろなことが見えてくるんですよ。

 

 

もちろん1人よりはアメリカ人の彼がとっても頼りになるところもあります。
力仕事を頼めたりや、1人でいる時に感じる無性に孤独を感じなくてすみます。

 

何よりお互いにいっしょにいたい!って思うから同棲する。

 

 

ただ、家事の分担や金銭感覚など、さまざまな点で「感覚の違い」があるのは仕方ないでしょうね。

 

よっぽどできたアメリカ人でなくては、家事を手伝ってくれたり、買い物にいっしょに毎回いっしょに行ってくれたりしません。
(家事も手伝ってくれるやさしいアメリカ人もいるんですがね・・。)

 

 

もちろん同棲にはメリットもあって、一緒に暮らして嫌なところが目について別れても、結婚していなければ別れても戸籍に傷がつくことはありません。

 

やはり彼氏がいたということと、バツイチではずいぶん違いますから、同棲して結婚するべきかどうかを判断するというのも、良い方法ではあります。

 

 

アメリカ人と同棲のデメリット@

 

  • 妊娠した時

 

同棲によるデメリットもあって、まずは実際に妊娠が発覚した時に、責任逃れをしようとする男性がいるということ。

 

これは同棲していてもしていなくも同じことですが、籍を入れていない状況で体の関係を持つと、そのリスクは常についまといます。

 

妊娠した状態で別れてしまった場合、産んでも<シングルマザー>として子供を育てていく苦労があります。
日本ではシングルマザーに対して社会的保障はないので、子供と二人で生きていくのは金銭的にも精神的にも大変です。

 

 

中絶するにしても体への負担は避けられません。
それ以上に、中絶したあとの心の傷を癒すのに時間がかかってしまいます。
法的に殺人の罪に問われないだけで、「殺人」と同じ行為ですからね。

 

妊娠がきっかけで同棲解消を望むアメリカ人も多いです。

 

子供を望む人のクローズアップが多いですが、実際に「子供を望まない」カップルも世界には多いです。

 

最近では、いわゆる授かり婚の夫婦も増えているので、先に妊娠してしまったことについては特に偏見もないかもしれませんが、それでもその時は何かと大変なのは確かでしょう。


同棲でアメリカ人に自分の「常識」押し付けてませんか?

感覚の違いは、国籍に関わらずある程度誰と付き合ってもあるもので、それを乗り越えて自分たちの生活を築き上げるのがカップルです。

 

 

そのリスクを恐れて「同棲し続ける」ということは、そこから逃げているということです。

 

もちろん、そうすることで将来的に何の心配もない相手と出会う可能性もありますが、逆に同棲しては「なんか違う」と言って別れを繰り返す人も少なくありません。

 

また、同棲中に家事も手伝ってくれたり、買い物も手伝ってくれる優しい彼氏であっても、入籍してしばらくすると態度がかわってしまう可能性もないわけではありません。

 

 

特に、相手がアメリカ人となると、生活習慣や価値観が日本人同士の場合よりも違って当たり前でしょう?

 

全般的に大らかなイメージのあるアメリカ人ですが、お金に関してはシビアで細かい人も多いです。
ケチではなく、倹約家。

 

食事に関する習慣の違いがストレスになる人も少なくありません。
和食が嫌いなアメリカ人や、魚がきらいな人もいます。

 

 

私の妹のアメリカ人の元夫は、じゃがいも以外の野菜と魚が嫌いな人だったので、料理は全て肉料理を作らなくてはいけなかったんですよ。

 

 

こうした趣向や趣味、生活習慣の違いを認めて、お互いに歩み寄ろうとする姿勢がないと、長く一緒に暮らし続けることは難しいです。

 

赤の他人と暮らすんです。価値観の差があって当然です。

 

長く一緒に同棲するだけ、合わないと感じることやそれに対してストレスがたくさんたまってきます。
お互いがそれを分かってないと、同棲とその先にある結婚生活を続けるのは難しいです。


同棲中にアメリカ人男性から別れを言われる女性のタイプ

好きなアメリカ人と同棲から国際結婚へ成功させるには、やはり二人の愛情関係が影響する。

 

同棲経験もある個人的な過去を述べるとするなら、同棲しているカップルの恋愛感情は、男が女を思う気持ちがより大きいほうが成功します。

 

 

家事も全てこなし、彼の望む食べ物やほしいものを全て買ってあげたりする女性は、やさしい大和撫子女性と思われがち。

 

 

始めはいいけど、いつもこの状態だとだんだん女性の優しさが当たり前になって、それに慣れてしまいます。
<優しくされるのが当たり前>とアメリカ人男性が勘違いをします。

 

そしてその慣れの平凡な生活に飽きてしまい、結果、浮気をすることになります。

 

浮気ならまだまし。

 

他の少々わがままで、自分の思い通りにならない女性が欲しいと思うようになってしまいます。

 

 

 

<私はこれだけやっているんだから、私にやさしくするのが当たり前?>

 

 

これは男性と女性、逆の場合もあてはまりますね。

 

 

尽くしすぎる女性の裏に潜む考えは「見返りを要求する自己中心的な女性」。

 

つまり、こんなにあなたのことを思っているんだから(尽くしているんだから)私のことをもっと好きになってよ!っていう気持ち。

 

そういう押し付けがましい恋愛感情が、同棲しているアメリカ人男性の心におも〜くのしかかってあなたといることが重荷に感じ、結局あなたから逃げてしまいますよ。


page top