こんな女性はアメリカ人の彼と遠距離恋愛はやめるべき

アメリカ人の彼と遠距離恋愛で滞在費を払ってくれないのは愛されてない証拠

日本在住のアメリカ人とでなく、海外に住むアメリカ人と遠距離恋愛になった場合、必ずみんな問題にするのが、お金の問題。

 

年に最低でも2,3回は自分から会いにいくことでしょう。
そうすると航空券だけで往復20万円弱かかる・・・。

 

 

 

遠距離恋愛している人は、休みを多くとってできるだけ彼といる時間を多くとろうという人たちのこと。
ビザのいらない3ヶ月未満の期間で彼に会いに行ってます。

 

滞在費もかかるし。
本当に遠距離恋愛していて、ワザワザ日本から彼に会いに行くだけでも費用がかかるのだから、滞在費用は彼が大半を支払ってくれるやさしさをもっているアメリカ人もいます。

 

そういうやさしさを持っている人でなければ、本当に結婚してからも生活費を出してくれるかちょっと微妙です。

 

 


仕事とキャリアに固執する女性は遠距離恋愛に向かない

普通にOLの仕事を持っている人は休みがとれてもお盆休みの数日、お正月休み約1週間、ゴールデンウィーク約1週間で彼に会いに行くのは、遠距離恋愛といえないです。

 

本当に彼のことを好きなのかな?

 

彼と交際続けたいけど、仕事もやめたくないということですよね。それって彼に結婚のプロポーズを待つしかないってことですよね。

 

本当に彼といっしょにいたければ、仕事を変えたり、バイトしてお金をためて彼に長期会い行ってる人がもっといっしょにいたい!って思うから結婚になるわけで。

 

自分に都合のいい休みの時にしか彼に会いに行かないのは、彼を愛していない。結婚するほど彼との生活を考えていない、自己満足の人。
アメリカ人の彼と遠距離恋愛していることに酔っている女性です。

 

 

アメリカ人の彼も超短い間であなたといっしょにいたい!って思うようになるのは難しいでしょう。
短期間だから体の関係に超燃えてしまうだけ。
そばにいてくれない女性でも大丈夫なんて言う男性は、他に本命がいます。

 

すぐに会えなくてさびしい。休みの時は彼に会いに行ってあげてるの!っていう悲劇の女性によっているだけ。

 

 

 


page top