アメリカ人の彼と国際結婚したいから子供を作る?

やさしい日本人女性とただ遊びたいだけのアメリカ人

日本人は「やさしい人種」ということでアメリカ人には有名です。

 

どういう意味でやさしいかというと、すぐに体の関係を許してくれる。
そしてコンドームをつけなくても、最初は拒否しながら最後はつけないでOKしてくれる。

 

そんな日本人が多いということ。

 

それはただアメリカ人にしてみたらただやりたいだけです。その日本人のことを大切に思っていない。
カンタンにすぐにできるから、その日本人のことを大切にしてくれるかもしれない。

 

でもそれは妊娠するまでの話です。

 


子供ができてから態度が変わるアメリカ人

付き合う期間も浅く、お互いをよく知らないうちから体の関係を作ってしまい、そのうち妊娠したことが分かると・・・。

 

そういうアメリカ人って妊娠するまでは適度にやさしさを見せるのが共通。
でもそれも妊娠するまでの間だけ。

 

日本にいるときに妊娠が分かったのなら、まだ日本の両親も自分の国だから子供を育てることもできます。

 

だけどアメリカに留学中だったらどうしますか?

 

知人は、アメリカ留学中に妊娠が分かり、彼に打ち明けたところ彼が別れを切り出しました。
彼女は英語もろくに理解できないまま、アメリカで出産しました。

 

ネイティブレベルの英語もできないし、シングルマザーの社会保障が優遇されているフランスと違うので、仕事をみつけて生活をしていかなければいけない。

 

でも英語がロクにしゃべれない外国人なんてやとってくれるところはありません。

 

結局、自分の子供を欲しい夫婦に渡すしかなかったのです。

 

 


アメリカ人の黒人との間にできた子供は差別をうける

Going Home

 

親戚の話ですが、裕福な家庭だったのでアメリカ留学を数年していました。
その間、黒人の彼がいて妊娠が分かりました。

 

(今となっては本当に彼だったのか分かりませんが)

 

妊娠が分かったとたん彼女は捨てられました。
彼にしてみれば遊びの日本人だったのでしょう。

 

ここで1つ問題がありました。
妊娠してからの日数。分かった時には既に中絶もできない時期。

 

アメリカで仕事もみつからない日本人がシングルマザーで生きることは大変難しいです。
だから仕方なく日本に帰ってきて、現在実家でシングルマザー。

 

しかも黒人とのハーフですよ。
周囲にもはっきりわかります。

 

日本は人種差別がまだ色濃く残っています。
外国人が優遇されるのは欧米諸国の白人だけ。

 

ハーフの子供はまだ学生だけど、これから就職活動や将来の結婚相手など問題は山積みです。

 

 

 

妊娠した結果子供を手放さなければならないことだってありうるんです。
子供を育てられないから中絶しなければならないこともあります。

 

だから体の関係をもつときは、相手のアメリカ人と信頼関係ができているかどうか十分注意する必要があります。
女性のことを大切に本気におもっているのなら、コンドームをつけるのは当たり前です。

page top