憧れだけじゃできないアメリカ人と国際結婚

アメリカ人と国際結婚を夢見る都合のいい日本人はこんなタイプ

アメリカ人と国際結婚を夢見る日本人女性は多いです。

 

しかも、自分は海外生活で苦労をするのは嫌だし、英語も微妙だから、日本在住のアメリカ人と付き合いたい、という声を耳にすることもよくあります。

 

しかし、それは本当に難しい話で、国際結婚はそんな簡単なものではないんです。

 

 

  • 20-30代の在日アメリカ人、日本語もでき家事もするやさしいアメリカ人?

 

日本在住で未婚、しかも適齢期の20代〜30代のアメリカ人というだけでも絶対数が非常に少なくなります。

 

 

日本で生活したいというからには長期出張レベルでなく、日本に永住する男性で、母国に帰るのは年に1度の里帰り程度というのが理想のイメージなのでしょう。

 

日本は移民を受けて入れているわけではないので、ビザの関係でそういった働き方ができる外国人男性は非常に限られています。

 

大使館の職員や外資系大手の役員待遇とかですね。

 

 

そういう理想のアメリカ人と出会いのチャンスがないといいますが、それもそのはず、そんな男性は日本にはほとんどいないのですから当然です。

 

 

  • 短期滞在のアメリカ人男性

 

 

日本へ短期滞在の男性でも、恋愛して国際結婚に至れば、日本での生活を選んでくれるケースもあります。

 

しかし実際には短期滞在のアメリカ人男性で日本人と付き合った場合、旅行中のアバンチュールとして楽しみたいだけで、真剣に彼女や結婚相手を探すケースはほとんどありません。

 

アメリカに帰国してから本格的に彼女や結婚相手を探す人さえいます

 

 

 

つまり、せっかくアメリカ人男性と仲良くなっても、一晩遊ばれて終わりというケースが大半で、そこから恋人関係に発展する可能性も限りなく低いです。

 

 

それが頭では理論的に理解してるんですが、自分のこととなると「いや私のアメリカ人の彼氏はちがう」って都合のいい解釈をしてしまう日本人女性もいますね。

 

 

中のいい友達で、ルックスがある程度よく、素直に自分の言うことを聞いてくれる女性がいたら、体の関係をもちたいと思うのは当然なんですよ・・・。

 

 

そういうアメリカ人の彼に「友達の中の友達、親友、大切な友達」とか言われても、結局ただの友達どまりです。特別な彼女ではないんですよ。

 

 

 

「アメリカ人と付き合いたい」という女性は多いのですが、そういった感覚で付き合い始めても、上手くいかないカップルがほとんどです。

 

国際結婚で上手くいっているカップルのほとんどは、一目ぼれした相手がのがたまたまアメリカ人、日本人だった、というケース。

 

「とにかく日本人の妻が欲しかったから」と言われて日本女性がいい気がしないように、アメリカ人男性もアメリカ国籍というアクセサリー感覚で付き合いたいと言われるのは嫌ですし、それならそれで割り切った遊び方になるのも当然でしょう。


こんな女性いるいる!結婚すると分かるトラブル2つ

 

実際にアメリカ人と結婚したいのであれば、彼についてアメリカで慣れない海外生活を送る可能性があることも視野に入れておくべきです。

 

  • 価値観の違いを受け入れる大きな心

 

アメリカの文化の違いも受け入れる覚悟もいります。
当然、文化の違う日本人を相手にするのですから、お互いに我慢しすることも歩みよることも必要です。

 

お互いに相手の言葉を勉強するくらいでないと、対等なコミュニケーションは取れません。
国際カップルで一番大変なのは意思の疎通です。
自分の感情を表現するのが一番難しいんです。

 

 

育った国が違うということで、夫婦についての考え方や価値観の違いがあって当然。

 

 

その苦労を乗り越えても結婚したいという意志と行動力が必要なのです。

 

何かにつけて価値観がちがうことで口げんかになっていると、いつか相手に対して疲れと面倒くささがでてきます。
そして相手に対する感情も冷めていきます。

 

感情が冷めてしまったら、離婚が待っています。
相手がアメリカ人だったら容赦なく慰謝料等請求で離婚裁判でもめます。

 

 

  • 年老いた両親ともすぐには逢えないもどかしさ

 

 

また40歳を過ぎる頃には、両親は70代前後になり、いろいろ両親の生活や健康について心配がでてきます。

 

若い時はあまり気にならないことなのですが。

 

病気になったり、ケガをしたり、危篤状態になってしまう両親のところにすぐに距離的に駆けつけることはできなくなってしまいます。

 

 

そんなときに精神的に支えてくれるアメリカ人男性といられるといいんのですが。
漠然と、アメリカ人と国際結婚に憧れている人にとっては、上手くいくはずがありません。


page top