「脈なし」のアメリカ人男性へのアプローチの方法

脈ありの彼女には猛アプローチするアメリカ人男性

好きなアメリカ人の男性がいるんだけど、その人が自分のことをすきなのかわからない・・ていうことありますよね。告白したいんだけど、脈ありか分からないから告白できないっていう時もありますよね。

 

意外と「アメリカ人がこの女性と付き合ってみたいな〜!」って思ったときの気持ちって周りにもわかるように、バレバレな時があるんですよね。

 

アメリカ人といっても大雑把な人、シャイな人、いろいろいますが、好意をもっている女性に対してはすぐに分かってしまいます。

 

そういう時は女性からアプローチしてもいいのかな?それともむこうから告白するのをじっと待っていたほうが成功するんだろうか?


アメリカ人の男性が相手の女性に脈がある場合の態度

出会ってすぐの場合や、友達の関係であっても、相手の女性に好意をもっていたら次のことを必ずやってきます。

 

アメリカの習慣ではそれが普通なんです。

 

  • 二人っきりのデートに誘う
  • 会社帰りや週末に食事に誘う
  • 映画に誘う
  • 連絡先を聞いてくる
  • 何気ない会話している時も、笑みを絶やさない

 

 

逆に気がない相手に対しては、上記のようなことは一切ありません。それほどハッキリしているので、自分に興味をもっているかどうかすぐに分かるでしょう。


アメリカ人の男性には女性から告白してもOK?

アメリカの社会では、やはり男性から好意をもっている女性に付き合いたいというアプローチをするのが一般的。
女性から告白する場合もあるけど、マイノリティー。

 

でも中には好きなアメリカ人の男性に片思いして苦しい時もあるでしょう?そういう時は自分に脈なしってことなんだから、ハッキリと「好き」といわずにニュアンス的に伝えることが大切。

 

いわゆる「お試しデート」に誘い込むってコト。
例えば、おいしいレストランがあるからといって二人きりの食事に誘ってみる
新作の映画がでたので、見にいきたい!って伝えてみる

 

好きってことを臭わすのでなく、「おいしいレストラン」「新作の映画」とか、目的をカレではなく「レストランや映画」に変えてみることで相手も誘いに応じやすいです。

 

そうやってお試しデートを重ねることで、カレに「最近よく二人で会っているよな・・」っていう印象を植え付けることから始めるといいですね。徐々に何とも思ってなかった彼女の存在をハッキリとイメージさせるように仕組んでいくことが大切。

 

ただ最後の告白だけは男性からしてもらったほうが後々上手くいきます。
なぜなら「彼が彼女を追いかける存在」であったほうが彼女のためにいろいろ尽くしてくれます。簡単に彼女からきてしまったら、棚からぼた餅の存在になってしまいますよ。

 

簡単に手に入る女性は「飽きる」のも早いです。


page top