婚活でアメリカ人にモテル女性になる方法

ホンワカ女子、天然女子はアメリカ人と婚活には向いてない?!

日本国内の婚活パーティと、海外の婚活パーティでは、モテる女性のタイプが全く違うことに驚かされます。

 

日本では男性に人気の高い、「清楚な装いでニコニコと相手の話を聞いているような女性」は、意外と海外ではモテないのです。

 

日本人の男性と、海外の男性では、女性の好みはかなり違いますので、それに応じた対応をしないと、せっかくのアメリカ人と婚活のチャンスを逃してしまうことになります。

 

 

たとえば、日本人の男性は過度に自分をアピールする女性よりも、控えめで自分の話を聞いてくれる控えめで少々内気な女性を好みます。

 

才気にあふれた女性よりも、自分より知的でなく多少ぼんやりしていても、自分を尊敬してくれる女性を好む傾向もあるでしょう?

 

以前ほどのおバカブームはありませんが、ちょっと天然なくらいの女性を「自分が守ってあげたい」という日本人男性は多いものです。

 

 

しかし、これは海外では全くあてはまりません。
日本では人気の、ほんわかして天然女子は、アメリカなどでは全くモテません。

 

 

 

 

そして、最も大切なのは自分の意見をしっかり伝えることです。

 

アメリカ人にとって自分の意見を言わない女性は奥ゆかしいのではなく、面白味のない女性になります。

 

日本人にとっては慣れないことかもしれませんが、言いたいことははっきり言う習慣をつけないと、婚活パーティでモテないばかりか、国際結婚をしたとしてもパートナーと上手くいかないということになりかねません。

 

アメリカ人にとって、納得のいかないことに議論を交わすことは当然のことです。
女性が反対意見を述べたからと言って嫌いになるということもありません。

 

感情的になり声を荒げるのはマナー違反でマイナスの印象になりますが、黙ってしまうのはもっとよくありません。

 

海外の婚活パーティでモテるのは、自己主張をしっかりとにこやかにすることも大切。

 


アメリカ人男性はこんな日本人女性が好き!

服装も、日本人好みの清楚すぎるファッションは、アメリカではセックスアピールに欠けると判断されます。

 

もちろん露出すればよいというのではありませんが、適度なセクシーさと大人の魅力さはアメリカ人男性にとっては大きな魅力です。

 

 

薄いメイクで魅力を引き出すのは良いのですが、ノーメイクでの参加などもってのほか。
自分をプロデュースすることも能力のひとつですから、婚活パーティやイベントでさりげあく自分が最も美しく見える姿を研究しましょう。

 

 

そのためにはメイクやファッションの仕方をもう一度学び直す必要があります。

 

 

メイクの仕方も個々の顔かたちは違うので、一度はプロのメイクの人に習ったりするのもオススメします。
肌質を整える化粧品をいろいろ試して自分に合う基礎化粧品を探すことも必要です。

 

ファッションにも自分の肌カラーにあった色をとりいれることをオススメします。
パーソナルカラー診断を受けるのもいいですね。

 

アメリカ人に限らず男性は視覚の生き物です。
「第一印象」で初対面の女性とお試しデートしてみたいかどうかが決まってしまいます。

 

ある程度セクシーすぎずに体のラインをある程度出せる服が好ましいです。
シンプルだけど、魅力ある女性に見えることが多いファッションは、体にぴったりした黒いカジュアルドレスを選ぶといいです。

 

パーソナルカラーで黒色が似合わない人は、カーディガンやアクセサリー、バッグや靴の色ででパーソナルカラーのものを選べばカノフラージュになります。

 

 

第一印象がいい女で、日本人としての奥ゆかしさも身につけ、話を聞くところは聞き、言うべきことはしっかり言うというメリハリをつけるようにすると、おとなしいだけの日本人とは一線を画したプラスの扱いを受けることになります。


page top