アメリカ人とFacebookアプリで出会いに有効?

Facebookでアメリカ人と出会いを作るきっかけ

 

昔は、海外在住の外国人の友達を作ろうと思うと、専用の雑誌などを見て手紙を送って文通友達を作ったり、海外旅行に出かけたわずかな期間に友達を作るなどの方法しかありませんでした。

 

しかも、海外との電話は今とは比較にならないほど高額でしたから、郵便での交流が主で、それほど頻繁にやり取りできないのが当然でした。

 

しかし、インターネットの登場で海外とのやり取りに関する事情は一変しました。

 

メールを送ればすぐに届きますし、web電話を使えば、海外でも無料で通話することができます。

 

そして、もともとの友人同士はもちろん、趣味や共通の知人などで新しい知り合いを作ることができるシステムも増えました。その代表的なものがfacebookでしょう。

 

Facebookで「外国人 友達」と検索すれば、いろいろなコミュニティーサイトが見つかるので、それに片っ端から「フォローする」や「友達申請」をクリックすれば、何も問題なければ数日で承認が得られます。

 

 

もう1つの方法は「Facebookのアプリ」に登録すること。
このアプリに登録すればこのアプリをインストールしている人と交流ができます。

 

国籍を限定して探す機能はありませんが、世界中でそのアプリを使っている人とコンタクトがとれるので、これも画期的なアプリです。

 

いずれにしても、国際交流パーティやペンパルサイト、出会い系サイト、Facebookでアメリカ人の友達を同時に作っていくことが、アメリカ人と出会って国際結婚まで発展させる方法です。

 


Facebookでの出会い:メリットとデメリット

メリット

 

facebookがこれまでのsnsと違う点は、本名での登録を基本としており多くの人が出身校や仕事はもちろん、顔写真などの個人情報も掲載しているということです。

 

つまり、ある程度の個人情報を知ることができるので、信用度が高く、facebookで友達になれば、リアルでの友達にもなれるということ。
これはfacebookのもつメリットのひとつでしょう。

 

匿名性の強いインターネット上での付き合いの中で、facebookはリアルな付き合いを前提とした数少ないアプリケーションなのです。

 

また、友達としてアルバムを見たりコメントを書きあったりと、交流を楽しみながらも、メールアドレスや電話番号など本当に知られたくない個人情報は伝えずに済みます。

 

もしも嫌になったらブロックすることで交流を絶つこともできます。

 

また、facebookには翻訳機能もあるので、誰でもある程度は義務教育で学んだ英語でのコミュニケーションが可能なアメリカ人やイギリス人だけでなく、中国やイタリア、タイなど全く言葉がわからない相手のページを見ることも出来るのです。

 

 

 

デメリット

 

 

ただし、facebookにはデメリットもあります。

 

それは、facebookが良くも悪くもリアルな友達とのコミュニケーションツールとしての使用が中心だということです。

 

実際に日本でも、facebookは知り合いのページしか見なかったり、知っている人しか友達承認をしないという人も少なくありません。

 

つまり、facebookはすでに知り合っている人とのコミュニケーションツールであって、知り合いを増やすための出会い系ツールではないのです。

 

そのため、新しく友達を作ろうとしても、出会い系サイトのようにはスムーズにいかない場合もあります。

 

こちらとしては恋愛に発展するような出会いを望んだとしても、相手にとっては友達としか認識していないこともよくあります。

 

さらに、いくら実名での登録が基本だと言っても、偽名や偽の写真での登録ができないわけではありません。

 

友達になった相手と実際に会うのであれば、それなりのリスクもあるということは認識しておくべきです。


Facebookアプリを使ってアメリカ人の友達を探すコツ

Facebookアプリで有名なのはOmiaiとPairs。

 

OmiaiとPairsは同じようなシステム。

 

両方とも無料登録ができるのが最大のメリット。
(もちろん有料登録もあります)

 

私がこのアプリで検索をすると、日本人の登録者も多いのが少し難点。

 

だけどそういう人は相手にしないで、アメリカ人に焦点を定めてじっくり探すこと。

 

 

Facebookアプリだけでなく、どこにでも「遊び」感覚で異性を探す人はいます。
そういう人とはコンタクトを続けないこと。
時間の無駄ですから。

 

 

Omiai、Pairsともに気に入った異性に「いいね!」を送ってアプローチすることが共通。
そこからコンタクトが始まります。

 

コンタクトを取りたくない人から「いいね!」が届いてしまったら、いいねを返さないこと。

 

時々うざいほど「いいね!」を送ってくる日本人男性がいます。
こういう人に対しては、「拒否設定」ができるともっといいのですが。

 

 

Facebookアプリを使う以外に、Facebookの検索で「アメリカ人 交流」や「アメリカ人 友達」で検索すると、いろいろなコミュニティーがヒットします。

 

 

そのコミュニティーに登録していくこともお勧めします。

 

そのコミュニティーのひとつを紹介します。

 

「Bugumi」です。

 

Bugumiは国際交流サイトとして発足していて、世界中からの登録者があり、約5万人以上の登録者がいろいろな国の人とコンタクトをとりあってます。

 

Facebookでアメリカ人と友達を作っていくには、顔写真を載せることは当然です。
そして自分が「日本人であることをアピール」することも大切。

 

世界中に「親日家」はたくさんいます。
あえて日本人であることをアピールすれば、すぐにアメリカ人の人とも友達になれますよ。

 

アメリカ人と最初に友達になることが、この先恋愛や国際結婚に発展させることに繋がります。


page top